村口歯科医院

MENU

根管治療

Root canal treatment

ROOT CANAL TREATMENT根管治療

根管治療

むし歯が進行して菌が神経まで進行してズキズキ痛くなったり、以前に神経の治療をしたところがまた痛くなってしまった時は、歯の根の治療が必要となります。この根の治療は根管治療と呼ばれます。

根管治療とは、歯の根の中を通る神経を取り除き、細かい根の中をヤスリ状の器具等で掃除していく治療です。常に見えている歯冠部を家の外装だとすると、根の治療は家の基礎にあたる柱になるのですごく重要です。

根管治療の重要性

根管治療が適切に行われないと、ズキズキする腫れる冷たいもの・熱いもので痛い、噛むと痛みがある等の症状がでてしまい、放置した結果、骨が溶けて抜歯になってしまうという結果もよく見受けられます。

根管治療の流れ

根管治療の流れ1

むし歯部分を取ります。

根管治療の流れ2

切削器具を使用して管のようになった歯根(根管)の先端まで少しずつ感染した歯髄を除去していきます。

根管治療の流れ3

薬品を使って洗浄・殺菌していきます。感染した歯髄を取り除いたあと、根管の最も深いところまで最新の超音波器具を使用して徹底的に殺菌します。治療の最も重要な段階です。

根管部分は深く、肉眼で確かめることは不可能です。
当院ではマイクロスコープを使って深部の部分まで確認しながら治療をするので、より確実に感染部分を取り除き、歯根の先端部分まで洗浄・殺菌することができます。

根管治療の流れ4

歯根の先端まで充填剤を詰め、隙間なく緊密に根管の空洞部分を埋めて土台を形成します。

当院では、治療中に唾液や汚れが患部に入らないように保護するためのラバーダムを使用し、
細菌をシャットアウトして、清潔で安全な治療を行います。
保険診療でも自費診療でも根管治療の際にはラバーダム防湿を行います。

根管治療

唾液、歯垢、血液等から隔離をすることができ、感染予防に配慮した治療ができます。

歯科用CT

従来のX線画像診断では、医師の経験や勘に頼る部分が大きいというデメリットがありました。しかし歯科用CTを使うことにより、三次元的に歯やあごの骨の形態を正確に把握することができます。患者様にとって事前に病変の状態がわかることから、より正確で安全な治療を受けることができるようになりました。

MTAセメント(自費診療)

当院では、根管治療の専用セメントであるMTAセメントを使用しております。
MTA(Mineral Trioxide Aggregate)は開発後およそ四半世紀を経て、根管治療に欠かせない生体材料として、歯科先進国で広く普及しています。
MTAセメントを使用することにより、むし歯が深くまで進行して抜くしかないと言われた歯を残せる可能性があります。